看護師に多い退職理由

看護の仕事における退職理由の一つとして、不規則勤務が挙げられます。
例えば、三交代で夜勤に入られない人がいる場合、夜勤できる人が連続して入らざるを得なくなります。
その分体への負担が大きくなり、体調やメンタル面に影響が出やすくなります。
また、二交代の場合、どちらにしても長時間の勤務になりやすいため疲れが溜まりがちになります。
看護師長に相談しても改善が難しい場合、退職を選ぶ方もいます。

退職理由の二つ目は人間関係が挙げられます。
どのような職場にも、合う人や合わない人はいます。
看護の世界は女社会といっても良い程女性が多い職場です。
男女が同じ比率でいればさほど問題にならないようなことでも、問題に発展し辞めざるを得なくなるケースもあります。

退職理由の三つ目は、自分のやりたいことを追究してさらに勉強するため辞めるというものてす。
海外での勤務のため、留学し語学を勉強する方もいます。
様々な理由から退職して全く違う仕事をしても、やりがいや給料などから看護に再び戻る方も少なくありません。
再び戻る場合、あらかじめ自分が辞めた原因を考慮して復職をすることが多いです。
忙しい現場から距離を置いて考えることで、働き方を選ぶようになります。
看護の現場から介護の現場に行かれた方は、介護現場の発展途上さに戸惑いを感じることも多いでしょう。
同じ失敗を繰り返さないためにも、看護師に多い退職理由や職場の現状をリサーチする必要があります。